毛穴のファンデが落ちないとき、どう対策したらスッキリ解消できるのか悩んでいませんか?
また、毛穴にファンデが残ってしまった影響で毛穴の汚れがたまり、さまざまな肌トラブルに発展してしまうとしたら...考えただけでも恐いですよね。

毛穴の汚れや黒ずみが気になるとメイクが上手く出来ない事や、素肌に自信を持てない、肌トラブルが度々起こるなどの悩みが続きます。

メイクをクレンジングでしっかりオフしているつもりでも、毛穴にファンデが残ったままの状態になる方も多いのです。
ネット上の毛穴に関する質問には、クレンジングと洗顔をしっかり行っていてもファンデが毛穴に残って気になると言う方が続出しています。

ここでは、ファンデを毛穴に残さないクレンジング方法についてまとめています。

メイクの種類でクレンジングを変える!

毛穴にファンデが残りやすい人は、自身のメイクに合ったクレンジング剤が使えていない事が非常に多いです。
メイクの濃さでクレンジングを変える基本をまずは覚えていきましょう。

メイクが濃い人のクレンジング

普段から濃いメイクを全体的にしている人は、オイルタイプのクレンジングを使う事が基本です。

注意

オイルクレンジングは洗い流しもスピーディーですが、すすいだ後にヌメリ感が残るため、ダブル洗顔が基本です。

また、濃くはないけれどまあまあメイクをしている人はジェルタイプを使用するようにしましょう。
ただ、ジェルには水性と油性の2種類があり、水性でオイルフリーのものなら、油分を含んだ他のクレンジング料よりはメイクの落ちは低くなるものの、まつ毛エクステをしている人も使うことができます。

みなみ

水性ジェルは肌にやさしい反面、濃いアイメイクなどは落ちにくいため、ポイントメイク専用のクレンジングと合わせて使う必要があります。

一方、油性のジェルタイプなら、オイルタイプと同様メイク落ちに優れ、ウォータープルーフのマスカラやファンデーションも落とすことができますよ。

ナチュラルメイクのクレンジング

薄いメイクで過ごす事が多い人は、クリームタイプやミルクタイプのクレンジングがオススメです。

濃いメイクを落とすオイルクレンジングでは、肌に負担がかかります。

注意

クリームタイプじはお肌にのばしやすく、密着しやすいので、クレンジングしながらフェイスマッサージをしている方も少なくないでしょう。

ただし、長い時間クルクルとマッサージするのは禁物で、返って汚れをお肌に刷り込んでしまうことにるので注意が必要です。

ポイントメイクで使い分ける

メイク自体はナチュラルでも、目元や口元だけ濃いポイントメイクをしている人は、ポイントメイクの箇所だけ専用のリムーバーで落とすようにしましょう。

それ以外のファンデーションなどはクリームタイプやミルクタイプで対応出来ます。

クレンジングの量は適量に!

毛穴にファンデが残りやすい方は、クレンジングの量が適量でない事も原因の一つです。肌に負担をかけないように使用量を適当にしているとファンデが残ってしまいます。

クレンジングの説明書を参考にして、量をしっかりと確認しましょう。

クレンジングの順番をチェック!毛穴にファンデを残さない方法

クレンジングの順序

クレンジングの順番が間違っていると、毛穴にファンデが残ったままの状態になり、肌トラブルが深刻化します。

順を追って正しいクレンジング方法を確認しましょう。

  1. Tゾーンの皮脂の多い部分からクレンジングを馴染ませていきます。
  2. Uゾーンに移り、目元~口元まで徐々にクレンジングを馴染ませましょう。
  3. 指の腹を使ってくるくると細かく円を描くように馴染ませていきます。
    (時間にして約50秒程)※時間をかけすぎるとかえって肌に刺激を与えます。
  4. ぬるま湯を使って優しく馴染ませたクレンジングを落とします。
    冷たい水では、落ちや馴染みが悪くなり、ファンデが毛穴に残ったままになる事があります。
    また、逆に熱過ぎる場合には肌に必要な皮脂やセラミドも落ちてしまうので、肌を乾燥させます。※33℃~35℃くらいのぬるま湯を使うことがポイント
  5. 落ちにくいメイク(濃いメイク)をしている箇所は専用のリムーバーを使って落としていきます。
  6. クレンジング後に洗顔が必要な場合は、洗顔料を泡立てて優しく肌に付けていきましょう。
  7. タオルでポンポンと軽くたたくように、優しくふき取ります。
  8. 化粧水→美容液→クリームや乳液で保湿の蓋をして完了です。
ミルククレンジングは手で温める事がポイント!

クレンジングの中でもミルクタイプのクレンジングは手の平に取った後に、手の温度で温めてから使うとメイクが落しやすくなります。

ミルクが人肌で温まる事によって水分が蒸発して油が水を包み込み、メイクや皮脂を落としやすくするからです。

蒸しタオルで毛穴を開かせると水性の汚れが落ちやすく

クレンジング後に、蒸しタオルを顔に5~6分のせて、毛穴を開かせた後、ぬるま湯で洗顔するとクレンジングだけで落ちなかった水性の汚れが落ちやすくなります。

メイクをしていない場合でも洗顔前に蒸しタオルで毛穴を開かせることも毛穴の汚れを落とすよい手段です。

まとめ:毛穴のファンデ残りは正しいクレンジングから!

毛穴のファンデ残りは、メイクに合ったクレンジングを選ぶ事や正しいクレンジングで解消します。
適量を知る事や、方法を変化させる事で毛穴がクリアになりますよ。

おすすめの記事